人気ブログランキング |

<   2016年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

はくしゅう


週末に山梨までドライブしてきました。


目的は立川から移転した『ゼルコバ』の美味しいパン
c0182495_16345013.jpg

c0182495_16352244.jpg


そして『サントリー白州蒸留所』
c0182495_1817424.jpg

c0182495_16363992.jpg


お天気にも恵まれ、丁度紅葉も見ごろ。 日本にも美しい場所が沢山あるんですよね。

c0182495_16371941.jpg


美味しいパンもお酒も(お米も野菜もキノコも・・・)『綺麗な水と空気』があってこそ。
c0182495_16502810.jpg

かけがえのない自然の恵みを、人間は謙虚な気持ちで大切に守ってゆかねば、とつくづく思います。

往きは2時間半
帰りは早め(2時過ぎ)に出たけれど渋滞して3時間半。


おつかれさまでした。
c0182495_16455116.jpg

by une-cerise | 2016-11-15 16:54 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)

◆ホワイトホース旅6日目 10/8(土)




徹夜だったので日付の境目はあやふやですが・・・
c0182495_19141162.jpg

早朝6時ホワイトホース発の便でバンクーバーへ。
c0182495_1925111.jpg

8時過ぎ、ザンザン降りのバンクーバー着。。 この季節、別名レインクーバーと呼ばれるほどバンクーバーは雨ばかりだそうです。 気温は11℃。
帰りは何故かスーツケースの預け替えは不要だそうです。 (よくわからんな)
トランジットは8時間。
手荷物を一時預かり所に預けたら、スカイトレインでイエールタウン (土曜日なのでオール1ゾーン料金2.75$&空港から行く時だけ+5$)に出て
途中大好きなスーパー『アーバンフェア』のイエールタウン店があったので、買い忘れたエコバッグも買い、
c0182495_19145319.jpg

c0182495_19165420.jpg

近くの桟橋から「アクアバス」という小さな船に乗って「グランビルアイランド」へ。
c0182495_1917818.jpg


程よい距離で景色も楽しめる・・・はずだったけど、雨で全く見えないので、ハンサムな運転手さんをパチリ。笑
c0182495_1941342.jpg

チケットは彼から。往復だと少し安くなるみたい。(片道4$→往復で7.5$)
船着き場のすぐ前の「パブリックマーケット」では人気のパン屋さん『TERRA BREADS』で翌日用のパンを買い、
c0182495_19394261.jpg

c0182495_19174641.jpg

お目当てのシーフードレストラン『The Sandbar』をオープン前に下見に行ったら土曜日は30分早いオープンだったので、早速評判の3階、海の見えるテラス席へ。 ココ!すっごいお洒落でした!
c0182495_1918665.jpg

c0182495_19181660.jpg

笑顔が素敵なウエイターさんもすっごい感じ良くて親切!
c0182495_19412686.jpg

バンクーバーで採れる「ダンジネスクラブ」(ハーフの注文も可)を是非食べてみたかったのと、アラスカサーモンも食べてなかったし。 あとシーフードサラダも。^^
c0182495_19184385.jpg

初めてのダンジネスクラブは、身が甘くて味が濃くて大変美味でした!
『The Sandbar』を出てすぐの乗り場からアクアバスで来た道を戻ります。
c0182495_19193811.jpg

またまた『アーバンフェア』で、最後のお土産を買い込んだら、
c0182495_19195818.jpg

雨だし、早めに空港に戻ってまったりします。
c0182495_1928652.jpg


16時20分バンクーバー発 →翌10/9(日)の18時30分頃 羽田着 
ANAは新しい機種で、フットレストもヘッドレストもあり、ハーゲンダッツも出るし(!)、映画もノンストレスで見られるし(「シンゴジラ」やっと結末まで見れた)ナカナカ快適でした。
c0182495_19284719.jpg

                                    (アラスカ上空より)

オーロラは1度見たら何度もリベンジしたくなる、そんな気持ちがよくわかります。
大体、同じものは二度と見れないわけですし。
慧さん曰く、よく旅行会社のパンフレットなどで「3晩あればオーロラ遭遇率90%」とかあるのは少々大げさじゃないか、と。
レベル1程度の微かなモノまで入れたらそうなのカモしれないけれど・・・住んでいても凄い!と思うオーロラが見られるのは年に数回程度だとか。

季節的にはギリギリセーフだった気がします。 
街歩きは東京の真冬並の格好で寒くなく快適に過ごせたし、人間もだけど、カメラもこれ以上部屋の内外で気温差が広がると曇ったりバッテリー切れを起こしたりとカナリ繊細な扱いが必要になるみたいだから。
それと、キッチンに換気扇がないので、基本、焼くのは外なので。笑  あ、でも立派なオーブンはありました。(使わなかったけど)

旅から帰ると、最近は写真をフォトブックにしているのですが、カナダに行く前は、オーロラ以外何も撮るものないんじゃないか?フォトブックに載せたい写真の数が集まらないんじゃないか?なんて失礼なことを思っていて・・でも結果は御覧の通り。
思えば、これまで旅したアメリカやメキシコ、ヨーロッパ10数か国にトルコ、アジアの国々や南の島タヒチやハワイなどの中で、”住んでみたい”と思ったのはカナダが初めてかも。
オーロラ以外にも、夕陽、星空、澄んだ空気、そして一番には穏やかでおおらかで親切な人々・・・
数年間カナダに住んでいる慧さん達も、ゆったりとしていて、何でも受け入れてくれる様な、寛大な雰囲気がとても好きだとおっしゃっていました。

昨年、丁度(?)ファンヒーターが壊れてしまった我が家、帰ってからガスの暖炉が欲しくて調べてみましたが、暖炉が買えたとしても暖炉に合う家から買いなおさないと、と言う結論に達し・・普通のガスファンヒーターを買いました。 あったかくて幸せ。(*^-^*)



長文、お付き合いくださった方、ありがとうございました。
by une-cerise | 2016-11-12 19:48 | | Trackback | Comments(0)

◆ホワイトホース旅5日目 10/7(金)


朝の気温は-7℃  ここまでで一番冷え込んでいます。

10時に慧さんが迎えに来てくれて、『タキーニガス』でガソリン満タンにして愛車CRUZEとはお別れ。
c0182495_10295649.jpg

サンドッグの車に乗り換え、まず向かったのは最後の(?)観光名所『Fishladder』
c0182495_10301360.jpg
 
ココは発電所のダムのせいで川を上れなくなった鮭の為に作った迂回路(左手の細い階段みたいに見えるところ)で、夏にはココを実際に鮭が上って行き、その様子を水中ウィンドウからも見れるらしい。 やっぱり夏にも来たいなぁ。

続いてカルチャーセンターへ。
c0182495_1291950.jpg

宿のオーナーのご主人、アンドリューさん達が大きな一本の木をくりぬいて作ったカヌーとか、First Nations(先住民)の方たちの絵や彫刻や衣装等が展示されてます。
c0182495_10314065.jpg

c0182495_1131244.jpg

その日、たまたま(確か)カリブーの皮を剥いでなめす作業をしているから、と誘ってもらって裏庭の方に見に行く。
c0182495_1032476.jpg

獣の匂いがして生なましかったな。コレも貴重な体験。

お昼は混む前に、と早めに地元で人気の美味しいパン屋さん『Alpine Bakery』へ。
c0182495_10322290.jpg

ココは慧さんのお友達の日本人の方も2人働いていて、手前がヴィーガン用で・・等と詳しく説明してくれる。
c0182495_1033193.jpg

本日のスープはカレーでパンとセット。照り焼き豆腐(!)のpizzaとチーズのパンも頼んで二人分で9$(安!)
c0182495_10331684.jpg

本格的なレンガの釜もあり、ホントに美味しいパン屋さんでした。
c0182495_103335100.jpg

昨夜慧さんに頼んでおいた、珍しい野生動物や、二週間後に戻ってくるご家族の写真をタブレットで見せてもらいながらの楽しい昼食。 

出来立てビールを瓶に詰めてもらえるという『Yukon Brewing Company』も楽しみにしていたのだけど、
実は、もう一か所新しいビール工場が出来て、そっちもカナリ美味しいというので、未だメジャーじゃない方『Winterlong Brewing』に連れて行ってもらい、早速試飲。(8.5$)
c0182495_10363878.jpg

c0182495_10365027.jpg

日本のビールを崇拝している夫も、物凄く旨い!(特に黒ビール)と気に入って迷いつつお土産を選び、私は試飲用のグラスの形が可愛くて気に入ったので購入。(毎週末愛用中)

・・・とココで、3時間のシティーツアーは時間切れ。
楽しみにしていたレイクラバージュに行く時間が無くなってしまい、慧さんは別の仕事に戻らなくてはならないので一旦帰宅し、終業後に慧さんの車で連れて行っていただく事に。(感謝!)

その間我々は夜に備えてしばし仮眠。

17時に仕事終わりですぐに迎えに来てくれた慧さん。
17時に終わって、しかも通勤30秒、通勤ラッシュもなければ周りも気持ちのいい人達ばかりで”ストレスない”って言ってましたね~。
でも、本音を言えば将来はもうちょっと南の方に住みたいみたい。 これから夜が長くなって-30℃~が続くと”やっぱり落ち込みますよ”って。
c0182495_1038036.jpg

ラバ―ジュ湖は冬にはキャンプ場も閉鎖されてしまうらしいけど、未だ、キャンピングカーで来て、薪割とかしている人がいたから、私たちも、湖に映るオーロラが見たかったら次はキャンピングカー借りなきゃかな??
c0182495_10581825.jpg

c0182495_10583987.jpg

空気が澄んで夕暮れ時の雄大な景色、清々しかったな~。

さて、いよいよこの日がオーロラ鑑賞最後の5夜目。 オーロラレベルはあんまりアテにならないらしいけど一応・・・2。。。(+_+)
c0182495_1113521.jpg

c0182495_112620.jpg

c0182495_11395550.jpg

早朝6時発の飛行機なので、宿を出るのは4時! つまり徹夜。
早めにシャワーと残り物で夕飯を済ませ、翌日のバンクーバーでの予定を立てつつ、荷造りしつつ、時々外の様子をチェック。













22時30分頃、北の空に虹型の白い横筋が見える。
”出てるんじゃない?! あれ、オーロラじゃない?!”とカメラで写してみると見事に緑色! 
c0182495_1124250.jpg

感動~~!! やっとだ~~!!!

オーロラは薄くなったり濃くなったり、縦になったり、空全体を覆うようになったり、それほど強くはないけれどずっと出ていて迎えの車が来るまで時々外に出ては撮影。
c0182495_1133143.jpg

c0182495_1154166.jpg

c0182495_116693.jpg

外の気温は-12℃位まで下がりました。
c0182495_117763.jpg

テラスの硝子のテーブルも椅子も、凍ってますねぇ~
c0182495_1171884.jpg




4時に来るはずのタクシーが遅れて、オフィスに電話したりして少し焦ったけれど、4時45分頃空港着。

空港内で、渋滞でもないのに車が動かないと思ったら、ナント鹿さん達がのんびり横断中。 
空港の敷地内で! 一気に気分が和みましたわ。^^

オーロラ写真
by une-cerise | 2016-11-11 11:41 | | Trackback | Comments(0)

◆ホワイトホース旅4日目 10/6(木)

c0182495_10295666.jpg

10時頃 そろそろと起きだして、念願のテラスでバーベキュー!
c0182495_10301768.jpg

この日は朝から晴れて最高のバーベキュー日和。
c0182495_1020983.jpg

昼間、陽が出ると12℃くらいまで上がって気持ちいい。 (チョット寒いけど)
c0182495_10204577.jpg

蓋付きのバーベキューコンロは焦げずに上手に焼けるし、プロパンガスは火おこしもなくて楽だし・・・欲しくなっちゃうな~。
c0182495_10222878.jpg


たらふく食べたら、昼過ぎにはコテージを出発。
いつものスーパー『Independent』の近くにもトロリーの駅があったので車はココに置かせてもらうことにし、閉店時間の早いリカーショップの買い物だけササッと済ませて駅まで歩く。
c0182495_1046088.jpg

駅のある広場には面白いオブジェがあり、この日は珍しく良く晴れていたので青い空とのコントラストが美しい。
c0182495_10461998.jpg

だけど・・・時間になったのに待てど暮らせどトロリーは来ず。。 もしや・・・??

やっぱり夏の間だけで終わってしまった模様。。。(せめて観光案内所の駅ぐらいはナンカ注意書きしといてくれたらいいのにぃ~、とか一瞬思ったけれど・・コレがカナダか!と妙に納得)

ホワイトホースは観光名所もあまりないし、今回の旅はオーロラがメインで夜あまり眠れないだろうから、昼間は特に予定も立てずのんびりするつもりだったので別にいいんですけど、ね。

お天気もいいのでユーコン川沿いの遊歩道を、お洒落なレストランやお洒落なマンションを眺めつつトロリーの始発駅がある街外れまで気持ちよく散策。
カヌーのシーズンは9月で終わってしまったけど、トレッキングやトレラン、サイクリングなどアウトドアファンにとってココは天国みたいな場所のようです。
c0182495_1032043.jpg

c0182495_10321749.jpg

c0182495_15254175.jpg

マンションの小さなバルコニーにも必ずと言っていいほどバーベキューコンロが置いてあるのはお国柄?
途中の『FARMER ROBERT'S』は地元産の物が買えるアグリハウスの様な店かなぁ、と大して期待もせずに入ってみたら、野菜は勿論、食料品はお味噌まで、セルフのカフェコーナーもあり、スゴク内装も可愛く凝っていて、思いがけず嬉しい収穫。
c0182495_10341495.jpg

c0182495_10343060.jpg

c0182495_10354028.jpg

カナダといえば「メイプルシロップ」が有名だけれど、この辺りはメイプルはなく「バーチシロップ」(確か白樺)というのが本場だと。(カナダは広い!)
これが結構高価で躊躇していたけど、メインストリートの店より安かったので喜んでお買い上げ。 
c0182495_10344988.jpg

オーガニックのドライフルーツの量り売り(粉類も!)もあったので、クランベリーとゴジベリーを買ってみた。

『Independent』近くにもう一つ大きなディスカウントスーパー『Superstore』があり、
c0182495_10364812.jpg

こちらは衣類や生活雑貨なども扱っていて、”小さな町のはずなのに??”『Independent』同様、規模と品揃えの豊富さには驚くばかり。
c0182495_10371744.jpg

c0182495_1528522.jpg

c0182495_15321559.jpg

楽しいけど見出すと止まらなくなりそうだったので、適当なところで切り上げて、いったん車でインフォメーションセンターに移動し、数少ない観光名所である『SSクロンダイク号』を一応押さえておく。
c0182495_19511967.jpg

ゴールドラッシュの時代に活躍した外輪船。シーズンオフなので中は見れない。連想するのはディズニーランド?^^

彫刻とか芸術作品があちこちに点在していて、パンフレットで気になったところをチェックしながら更に散策。
c0182495_1041563.jpg

ワンちゃんのお散歩用エチケット袋ボックスがあちこちにさりげなく設置されていて感心。
c0182495_10411469.jpg

夕方、『Independent』近くの大きなコインランドリーで洗濯。乾燥まですると結構時間が掛かってしまう。。 
c0182495_10413039.jpg

(宿に唯一足りないものは洗濯機。 各コテージにはなくてもいいから、サンルームとかに一台あるととても助かるんだけどねぇ。。 とリクエストはしておきました。)
結局、チップとか、コインパーキング、コインランドリー位しか現金が必要になることってなかったような。。(あ、あと罰金か。爆)
支払いは現金よりクレジットカードの方が主流のようで、カードは端末に差し込み、公用語がフランス語と英語なのでどちらか自分で選んで暗証番号を押します。

『Independent』で買い物をして20時頃帰宅。「萩の月」でホッと一服しているところに”コンコン”と玄関に来客。

日本に里帰りしていた日本人スタッフの慧さんが挨拶に来てくれたのでした。
半年前からメールで何度もやり取りしてお世話になっていましたが、お目にかかるのは”初めまして”
今回の「オーロラパック」には、空港送迎と3時間のシティーツアーがセットになっているので、翌日に予定していたシティーツアーの打ち合わせ。
自分達で行けなかったところ、行きたいところに案内してもらいます。
で、私たちはお腹ペコペコだったので、一緒に食べながら、飲みながら、時々オーロラを気にしながら、カナダの話を聞きながら、結局2時頃までおしゃべりに付き合わせてしまう。^^;
星はずっと出ていて空は晴れてはいるのに・・・結局朝方まで起きていたけど見えたのは白いもや~~っとしたのだけ。"(-""-)"
by une-cerise | 2016-11-10 10:52 | | Trackback | Comments(0)

◆ホワイトホース旅3日目 10/5(水)


ゆっくり起きて、フルーツサラダ朝食。

近くの観光地、『タキーニ温泉』(水着を着て入る温水プ―ルの様な施設。夜には温泉に浸かりながらオーロラが見れる・・かも?というのがウリ)へ行ってみることに。
その前にガソリンスタンド『タキーニガス』に寄ると、入り口にタキーニ温泉の看板があって、平日は夕方からしかやっていないらしい。
c0182495_8515873.jpg

c0182495_1171762.jpg

『タキーニガス』は、菓子類の他にサンドイッチ等の軽食、アルコールの免許もあり、レンタルDVDまで扱っている。以前の情報ではココにコインランドリーもあるはずだったのだけど、残念なことに無くなったらしい。
中に水着を着こんで来たけど仕方ないので美味しそうなアイスを買って一旦コテージに戻る。 帰ると丁度、宿のスタッフが玄関前に雪かきセットを置いて回っているところ。
c0182495_8555348.jpg

そろそろ、なんですねぇ。

着替えて、あり合わせで軽く昼食を済ませ
気を取り直してもう一つの観光地『ユーコン野生動物保護区』へ行ってみると、こちらは冬季は週末のみのOPENですと。笑
c0182495_1174224.jpg

入り口だけ覗くと、こげ茶色の何かの動物がチラッと見えました。^^
c0182495_8573839.jpg

中ではユーコンのこんなレアな動物たちが見れるらしい。(ムース、カリブー、マウンテンゴート、ジャコウウシなど・・)
c0182495_1181182.jpg

この先を少し行くと『タキーニ温泉』があるので、どんな様子か見に行ってみようと車を走らせると
道路脇にイキナリ野生の鹿!
c0182495_90081.jpg

驚いて車を停めてみると、その先にも鹿の親子連れ。右にも左にも、そして車の後ろにもさっきの鹿が出てきておっとりと歩いています。
c0182495_8592960.jpg

c0182495_904859.jpg

もう私はこれで十分だな。^^

『タキーニ温泉』は、しっかり硫黄のにおいがしていて、他にも何台か車が来ては”え~、まだやってないの?!”とガッカリして帰っていきました。
c0182495_912339.jpg

c0182495_96424.jpg

『タキーニ温泉』のすぐそばにある地元で人気のオーガニックのコーヒー専門店『Bean North Coffee』
c0182495_9112964.jpg

噂通りの人気で、辺鄙な場所にもかかわらず車がいっぱい停まっています。
c0182495_9105283.jpg

c0182495_9133814.jpg
 
何とか座れた席で、モカとホットチョコレートで休憩し、珈琲豆をお土産に。
c0182495_913586.jpg


その後街まで出ますが、昨日のこともあり、車は観光案内所に停めさせてもらいます。
(観光客は2時間無料の看板あり 立派な建物でトイレもきれい WiFiあり→本日のオーロラ予報 ナントナント!レベルZERO==!)
c0182495_9143474.jpg

c0182495_1212713.jpg

ダウンタウンをゆっくり裏通りまで散策&お土産購入。
c0182495_930284.jpg

c0182495_9304836.jpg

c0182495_9491720.jpg

c0182495_9312941.jpg

c0182495_9313949.jpg


観光案内所に戻ると敷地内でトロリーの駅発見。 
c0182495_9182522.jpg

川沿いを走るトロリー、きっと気持ちいいよね~、と時刻表を撮って、翌日の予定はバーベキューブランチ→トロリーで決定!

夕食はレストランで食べようかと迷いつつ、スーパー『Independent』の閉店時間が気になったのと、なるべく暗くなる前に帰りたいので
結局その日も『Independent』で夕飯用のお惣菜&翌日のバーベキュー用食材を買い出しして帰宅。
『Independent』は8~22時までOPENだけど、リカーショップはマサカの18時閉店で間に合わず、『タキーニガス』に寄って地元で人気の『Yukon Brewing Company』のビールを買って帰る。
 
そうこうしているうちに結局暗くなってしまい、私が助手席でウトウトしている間に、”あれ~ 通り過ぎたかも・・”と夫迷子になっていた。笑
何せ周りは真っ暗、目標物はゼロなので、”こんなカーブは経験したことないよね~”・・という事で唯一の目標物『タキーニガス』まで戻ってやり直し。(本日3度目の『タキーニガス』笑)
今度は注意深く『Sundog Retreat』の入り口看板を探して無事帰宅。

c0182495_9214564.jpg
 
予報は「レベル0」だったし、星も見えないからこの日は休養。・・あと二晩か。。

とはいえ、天気が変わりやすいのがホワイトホースの特徴なので、寝室のロールスクリ―ンは全開のまま。(この開放感がまた凄い!)
2時頃、明るいな、と窓から覗くと北の方向、少しだけ白く、オーロラっぽい??
by une-cerise | 2016-11-09 09:56 | | Trackback | Comments(0)

◆ホワイトホース旅2日目 10/4(火)

c0182495_10245999.jpg

c0182495_1053925.jpg


10時ピッタリにスタッフのMeredithさんがコテージまで迎えに来てくれて、地元のレンタカー屋さんへ。
朝の気温は2℃くらい。
借りたのはシボレーのCRUZEという車種。ナンバープレートの砂金採りのイラストが可愛い。
c0182495_19132043.jpg

初めての左ハンドル右側通行。(汗)宿の近くは車が少ないけれど、公共の交通手段がない為、街中は結構激しく車が走っている。

Meredithさん先導で近くの大きなスーパー『Independent』まで案内してもらう。
”もし、何かわからないことがあったら、誰かに聞けばみんな親切に教えてくれるから大丈夫~。困った時は電話シテネ。”みたいな感じでここでサヨナラ。
c0182495_10518100.jpg

広い駐車場と、敷地内には『DRUGMART』やキッチン用品専門の『Coffee Tea &Spice』などもあり、ココではシリコン製の黒いキッチングローブをGET(意外と日本にない)。

スーパー『Independent』は、オーガニックの食材の扱いもあるちょっと高級なスーパーで、小さな街なのに生鮮もデリも驚くほど充実している。
バナナは自分が欲しい分だけポキッと取って量り売りだったり、ベーカリーでは欲しいパンを自分でビニールに入れ、番号を札に書いて留めてレジに持って行くとか、見よう見まねで食材仕入れ。

そのあとは、車で5分程のダウンタウンに向かいます。
街の中心地はとても狭いエリアで、一回通り過ぎてしまい(爆)
慌てて戻ってコインパーキングに駐車(25セント/15分 1回1時間まで)
c0182495_1062812.jpg

c0182495_0355175.jpg

c0182495_10264748.jpg

カラフルで可愛らしい建物が並びます。 ここでは信号はレア。^^

地図を見ながら目当てのレストランを探していたら、交差点の向うの方から渡って来たおじさまに大声で呼び止められ、”何探してるの?”と一緒に地図を見ながらお店の場所を教えてくれた。ホントだ、なんて親切。(感激)
”がっつりハンバーガーが食べたい”という夫の希望でランチの店を探すも、レストランは夕方からのところが殆どで、昼間の時間は簡単なカフェくらいしか見当たらない。
お腹が減ると途端にテンションが下がる夫と、たまたま見つけたエッジウォーターホテルのレストラン『TONIMOES』に入ってみた・・・
c0182495_1034484.jpg

c0182495_1010941.jpg

ら意外やコレが大正解!

ここで具材をチョイスして食べたハンバーガーは、バンズもお肉も凄~く美味しかった!
c0182495_1091371.jpg

チキンのパニーニは思ったのとはちょっと違ったけど・・普通に美味しい感じかな。
ジンジャエールがピッチャーで出されて興奮したり。(笑)

大満足して車に戻るとナント・・・パーキングの時間切れで駐禁取られてしまい・・・14日までに25ドルの罰金を支払うように、と貼り紙が。(ガーン)
c0182495_1242432.jpg

油断しましたねぇ。。。でも、何処に払いに行けばいいのやら・・・??
そうそう、宿には住み込みの日本人スタッフ一家が居る・・・はずだったのですが、丁度日本に里帰り中で、翌々日ぐらいに戻ってくる予定だったので、帰って来たら聞いてみるか、と。
でも、次に入ったお店で偶然日本人の店員さんに声を掛けられたので思わず聞いちゃったら、彼も経験者で今日中に支払えば10ドルで済む、との耳より情報。場所も教えてもらってお支払いしてきました。 まぁ、コレもいい経験。

カナダはお酒に関して厳しくて、基本的に屋外で飲んだりしては駄目だし、お酒を飲めるところも買えるところも限られています。
酒屋を求めて歩き回り、物凄く閉鎖的で怪しげな酒屋を一軒見つけたのだけど・・よくわからず。
仕方なく先ほどのお店にまた聞きに戻り・・・(お世話になった彼には後ほどお礼におせんべいをお届け)

結局、朝寄ったスーパー『Independent』のすぐ裏手に大きなリカーショップ『Yukon Liquor Corp』があって、そこでカナダ産のシャンパンや名物の「ICEWINE」等を仕入れます。
「ICEWINE」は真冬に自然に凍った葡萄の実を摘んで作るという手のかかった珍しいワイン(カナダとドイツとオーストリアでしか作られていないとか)で、お値段もそれなり。 
甘いというし、半信半疑で一番お手頃なのを買って飲んでみたら、確かに甘~いけど、コレがナカナカ味わい深くてクセになりそうな感じ。
高価な分、偽物(?)も出回っているらしく、「VQA」というマークの入ったものを選ぶといいみたい。

その日は寝不足で時差ボケもあり、早めに宿に戻って広い敷地内を探索。
c0182495_11183534.jpg

宿泊客が自由に使える「サンルーム」にはサウナやoutdoor hot tubもあり、ココでだけWIFIが使えます。本日のオーロラ予報は・・・「レベル2」。。。
c0182495_1632656.jpg

c0182495_10173550.jpg

c0182495_10175548.jpg

c0182495_16323228.jpg

ココから各コテージまで床暖のパイプが通っているらしい。
c0182495_10184429.jpg

オフィス兼オーナーさんの立派なご自宅前にはこんな大型の車も・・・
c0182495_10192921.jpg

オーロラ鑑賞用の小屋も2棟あり、温かい飲み物やメイプルクッキーやマシュマロ等が常備され、小屋の前ではキャンプファイヤーも出来るようになっています。
c0182495_1013845.jpg

「Cranberry」以外のコテージからだと目の前の視界が開けていないので、オーロラ小屋を利用しないと部屋からでは見にくいようです。(それではチョット不便)
コテージ前や敷地内に沢山自生しているクランベリー(半ドライ)
c0182495_11181385.jpg


広いウッドテラスにはプロパンガス式の立派なバーベキューコンロ。
c0182495_1116330.jpg

c0182495_1925127.jpg


夜に備えて2時間程仮眠をとって起きてみると、空にはたくさん星が煌いていて、オーロラ小屋にも灯りが灯り、いよいよ、と期待は膨らみます!
シャワーを浴び、スーパーで買ったお惣菜とカナダ産の美味しいシャンパンで(一応25周年を祝いつつの)夕飯です。
c0182495_10164263.jpg


0時ごろ、空に白くサーっといくつかオーロラらしきもの発見。(本音は、緑でカーテン状にゆらゆら揺れるの希望)
オーロラは、最初白い雲みたいに見えて、でもカメラで写すとそれが緑に写るのだと聞いていたので、カメラで撮ってみるも緑には見えず ・・・あれれ??
2時頃までは粘ってみたけど、予報もレベル2だったし、と諦めて休む。
気温はマイナス5~7℃くらいだけど、風もなく、体感的にはそれほど寒く感じない。
寝室のカーテンは開けたまま、朝方4時ごろ明るいなぁ、と思って外を見ると、北の空に虹状に白くかかっているのは多分オーロラ。きれい。(だけど緑で揺れるの希望)
by une-cerise | 2016-11-08 11:07 | | Trackback | Comments(0)

◆ホワイトホース旅1日目 10/3(月)

【※日本からカナダに行く場合、事前にETA申請(7カナダドル 5年間有効)が必要です】

羽田空港では特大吉田沙保里選手の階段(!)
c0182495_19242237.jpg

の横のエスカレーターを元気に上り、「つるとんたん」の大行列にもひるまず並んで腹ごしらえ。
c0182495_19243942.jpg

c0182495_19245613.jpg

出国手続きが済んだら忘れずにDFSで大好物「萩の月」2箱GET!(←コレ大事)
c0182495_1925696.jpg

                                        (昨年買いそびれて後悔し、結局帰国後に仙台空港からわざわざ取り寄せた!)

9時間弱のフライト。何度も「シン ゴジラ」で寝落ちしながら美しいバンクーバー国際空港に到着(時差は-16時間 つまりこの日は1日が40時間 キツーい!)
c0182495_19283314.jpg

入国審査の窓口の女性は異様に険しい表情で、前のご夫婦は何故かトッテモ時間が掛かっている。。
”目的は?”と聞かれて”観光”と答える →大抵コレでOKだったと思うのですが、今回はそのあとに”Why?!”と。 ・・さてはコレが原因だったか??
観光に”Why?”と聞かれてもねぇ・・・と思いつつ ”Northern lights!(←オーロラの事)”と言ってみたらアッサリ通してくれました。

ココではスーツケースを一旦ピックアップして自分で国内線に預けなおさなくてはならないそうです。(Wh~y??)

ホワイトホース空港では両替が出来ないらしいので、ココで少し両替。手数料込みで1Canada$=90円位。ホントはキャッシングの方がレートがイイみたいだけど、どうも旧い人間なもので。^^;
カナダは殆どの支払いがカードで可(カードの換算レートは80円弱でした)なので現金は少な目で。
で!カナダのお札は凄いよ?! ナント透き通ってる! 吃驚していたら、両替所のおばさんが、”オールプラスチックよ”とややドヤ顔で。 ん~、自慢したくなるのもわかるな。(キレ~に使っちゃったし画像もナシ)

6時間程の乗り継ぎ時間があったので、機内持ち込み用の手荷物を一時預かり所に預けて(ロストバゲージに備えてダウンを手荷物にしたので嵩張る!)、スカイトレインで約25分のシティーセンターへ。
c0182495_19305754.jpg

バンクーバーは日本人も多く、24時間オープンの空港インフォメンションセンターには日本人スタッフの方も居て、スカイトレインの券売機にはナント日本語表示もあり、そしてカードも使えます。

16時、外の気温は16℃(東京を出た時は30℃位)、天気はどんより。
c0182495_19311730.jpg

初めてのカナダ、バンクーバーは高いビルも林立して結構な都会。(失礼)
c0182495_19313349.jpg

c0182495_19315021.jpg

ホワイトホースが夜中着なので、『アーバンフェア』(高級スーパー)でお目当ての『THOMAS HAAS』のチョコレートと、食料品の買い出し、イートインコーナーでササッと腹ごしらえも済ませ、(エコバッグを買い忘れた!)
c0182495_19322716.jpg

ウォーターフロントまでぶらぶら散策してスカイトレインで空港に戻ります。
c0182495_1647521.jpg

c0182495_16404476.jpg

スカイトレインはゾーン制で料金が変わり、空港からダウンタウン行きは2ゾーン料金(4$)に+5$掛かるとか、曜日や時間によっては一律で1ゾーン料金(2.75$)になるとか、変則的で少々戸惑いました。
(ちなみにこの時は、行きは9$ 帰りは夜だったので安くなって2.75$)

バンクーバーからホワイトホースまでは空路2時間半ほど。
空港では宿のオーナー Heatherさんが一番前で出迎えてくれました。
ネットで調べたその日の「オーロラ予報」はレベル9!!(これ以上ないレベル)だったので期待してしまったけれど、まずは雲が晴れて星が見えないと始まらない。
Heatherさんに”見れそう?”と尋ねると”maybe” だけど今は曇っているので、宿に着いたら一旦2時間程仮眠を取り、部屋の電気を消して星が出ているか確認してみて、と。

空港からハイウェイを約30分、途中からは街灯もなく真っっっ暗!な道を進みます。
最寄りのコンビニ的なタキーニガソリンスタンド以外は目標物ナシ。
c0182495_19335142.jpg

コテージ「Cranberry」はHPで見た通り、凄くきれいで広くて素敵! リビングキッチンを挟んでベッドルームが2部屋。
c0182495_19341047.jpg

c0182495_19343144.jpg

c0182495_19451389.jpg

c0182495_16461168.jpg

c0182495_21403076.jpg

c0182495_1934532.jpg

ガスの暖炉はスイッチを回すだけでパッと着くし、床暖もあるらしく部屋の中はとても暖かい(真夜中、外の気温は0℃くらい)
c0182495_1935990.jpg

乾燥していて静電気は凄い。水道の水にもビビッと来ちゃうほど。 次来るときはエレガード必須だな。φ(..)


荷物を片づけつつ3時まで粘ったけど、その日は結局星も全く見えず、諦めて就寝。
by une-cerise | 2016-11-07 00:15 | | Trackback | Comments(0)

オーロラが見たい!




cerise家恒例の遅い夏休み(?!) 
今年は銀婚祝いも兼ねて(という名目で)カナダに行って参りました!
c0182495_10145724.jpg

                                     (ユーコン川)
c0182495_10144280.jpg

                                     (レイク ラバージュ)
c0182495_1015818.jpg

                                     (Sundog Retreat Cranberryコテージより)


”死ぬまでに一度はオーロラをこの目で観てみたい!” だけど寒がりの私には極寒は無理! ←計画のスタートはココから。

オーロラ=極寒、というイメージがなんとなくあったのですが、実はオーロラ自体は年中出ていて、ただし暗くないと見えないので、極北地方の夜が短いシーズン(夏の頃)は見えづらい、ということらしいです。
なので、”極寒を耐えねば見られない”とか”寒ければ寒い程素晴らしいオーロラに出会える”といった物ではないことが判明!
 

第一候補にしていたノルウェー沿岸急行船「フッティルーテン」(船内で鑑賞が可能!) →最低でも10日以上の休みが必要 →× 

→カナダなら一週間の休みで行ける!&秋のオーロラなら寒くない!&しかも凍る前なら湖に映るオーロラや紅葉も観れて一石四鳥?! →◎

→9月が第一希望でしたが決算期で× →10月ならナントカなるかも・・・という事で

→カナダ 1週間 10月初旬で決定!


→イエローナイフはベルトコンベヤー式にバスに乗せられて大勢で鑑賞スポットまで移動する方式 →自分達の好みではない →×

→ホワイトホースなら、郊外のコテージ滞在で自室からのオーロラ鑑賞も可!! →寒くないし鑑賞時間も自由自在 →◎

→ホワイトホースの宿を検討した結果 →郊外の『Sundog Retreat』(空港送迎付 日本人スタッフ在!) 中でも「Cranberry」というコテージ(一棟貸切)がどうやらベストポジションっぽい。

→目当てのコテージは一棟のみなので半年前の4月に焦って予約 →羽田発ANA格安航空券確保(カナダエアーは評判イマイチ)


カナダ行きは全くの想定外の展開でした。
調べ始めると、カナダは新しいガイドブックもあまり出てないし、「地球の歩き方」でもホワイトホースの記事は5ページ位しか無い。。。

という事もあり、ちょっと詳しく書いてみようかな、と思います。


(つづく)
by une-cerise | 2016-11-04 10:31 | | Trackback | Comments(0)