台湾旅行(初日)






cerise家恒例の遅い夏休み(??)が今月半ばにありまして

今回の旅は、短期間で行けて、食事が安くて美味しくて、治安も良くて、最近何かと話題に上る事の多い台湾に決定~♪

今までアジアにはあまり興味が無かったもので、殆ど予備知識ゼロからリサーチをはじめ、旅のプランを立ててコーディネートをする、のが私の役目であり大いなる楽しみでもあります。^^

羽田→台北松山空港便が出来て、ますます近く便利になったようですが、2泊3日の短い日程でも充分堪能できるよう、往きは朝便で帰りは夜便のフライト、
ホテルはちょっとこだわって、豪華じゃないけど、評判のいいホテルをダイナミックパッケージでセッティングしました。


出発当日は雨でしたが、綺麗になってから初めての羽田国際空港はキラキラまぶしく輝いていて
c0182495_16345272.jpg

早朝(5時)だから人影もまばらでとても静か。^^
c0182495_16351680.jpg


飛行機は、ほぼ定刻通りに出発し、一時間の時差を引いて、午前10時過ぎには台北松山国際空港に到着。 現地の天気は快晴!
c0182495_1081512.jpg

空港で両替をして(1元=4円弱) タクシーで中山のホテルまで約15分(超近!140元!安!)

宿泊先の 『サン ワンレジデンシズ台北』 に荷物を預け、日本語を流ちょうに話すバトラーさんに夕食の予約をお願いして  (↓ トロフィー&賞状たっくさん!)
c0182495_16365419.jpg

c0182495_850217.jpg

早速、小籠包を食べに『鼎泰豊本店』へと急ぎます。
c0182495_1637667.jpg

お昼前には着けたのですが、その日は日曜日という事もあって既に「70分待ち」の表示が。
”どうすればい~の~?”と入り口で聞くと、”この辺プラプラして(←確かこう言ってた)またあとで戻って来て”という感じで番号の紙と、注文票を渡されます。

お腹も減ったし、小籠包食べ比べ2店目に予定していた、すぐ近くの『高記』へ、この待ち時間を利用して先に行っちゃおう!ということに。  (立派な店構え。↓ 中も豪華です。^^)
c0182495_16395398.jpg

まずはノーマルな小籠包と、エビ腸粉(モチッ、トゥルンとして美味し~い!)
c0182495_1640245.jpg

辣油味のエビ雲呑 (上にたっぷりかかっているのはウコン?? 私はチョット苦手でした。。)
c0182495_16402539.jpg


一時間後位に『鼎泰豊』に戻ると、掲示板は100分待ちになっています。
c0182495_16405614.jpg

お店の前で、先ほど受け取った注文票に記入しながら順番を待ちます。(お店のお姉さんが回ってきて”コレ、書きやすい”と下敷きを渡してくれたり、高価なトリュフ小籠包5個セットは一人2個ずつで4個セットにもできますよ、ってご親切に教えてくれたりします。)

入り口は非常に狭くて渋滞、一階は通路挟んでレジと厨房 (というかこっちは作業場? 大勢で黙々と小籠包を包んでいる様子が見れます!)
c0182495_1641990.jpg


狭い階段を上ると割と広いスペースがあり、日本にはないトリュフの小籠包とカニみその小籠包とちまきと空芯菜炒めをオーダー。
c0182495_16413127.jpg

高級トリュフは濃厚(過ぎ?)、カニみその方が好きかなぁ。(写ってないけど) ちまきは大好き。 全体に薄味でやっぱり美味しいわぁ♪

(ココのトイレは完璧、と聞いていましたが、確かに。 係の人がいて、一人出る度に簡単に掃除してから案内してくれます!)





お腹もいっぱいになったところで、タクシーを拾って、おしゃれエリアの東区方面へ。
c0182495_16414356.jpg

タバコ工場跡地をリノベーションした松山文化創園区にある 『誠品生活松菸店』 (TSUTAYA書店がモデルにした?) 凄いお洒落です。
ココで、私の一番の注目は  『吳寶春(ウー・バオチュン)麵包』 
c0182495_16415244.jpg

世界一のパン職人を決めるコンテストで優勝した吳さんのお店。パンは帰国直前にまた買いに来るとして、この日はパイナップルケーキとレモンケーキを味見用に買ってみる。 (感想は・・ 普通、かなぁ。 どちらかというとレモンの方が酸っぱくて好み。)
c0182495_10252798.jpg

日曜日だったので、広い敷地内ではファッション関係のイベント(日本の?)ナドも催されていたりして、とても賑わっていました。
c0182495_8444068.jpg

この頃東京では、朝晩ストーブをつけ、部屋ではルームブーツを履いていたけど、台北の気温は30度超え。 湿度も高いので、結構暑い。
夏だ! という事で、予定通り 『アイスモンスター』 で念願のフワッフワなマンゴーかき氷。
c0182495_16421468.jpg

お店の前に少し並んでいたけど5分ほどで入店。 マンゴーの果実とマンゴーアイスと杏仁ものって、充実の一皿です。^^ (二人で1つで充~~分。 一人110元以上という決まりがあるけど、これは250元だからOKです。)

身体が程よく冷えたところで、近所を散策 (アメリカの情報サイトで「世界で最も美しい本屋ベスト20」にランクインしたという 『VVG Something』、『VVG Chiffon』 など・・・) してから一旦ホテルに戻って休憩です。
c0182495_16491553.jpg



夕食は予約が取りにくい 『貓下去計畫』 という、お洒落ちょい悪風(?)のオーナーさんらしき人が居る台湾創作料理のビストロで! (翌月曜日は定休日だったので、この日予約が取れて超ラッキー♪♪)
c0182495_8452792.jpg

お店の人も凄く親切で感じ良く、お料理も、オリジナルのサングリアもすっごく美味しかった! 特に赤が。笑
c0182495_16502252.jpg

c0182495_16503797.jpg

c0182495_16505018.jpg




ホテルのバトラー(コンシェルジュ?)さんたちは、皆日本語が堪能で、ホスピタリティーに溢れていて素晴らしい。
翌日のタクシー半日チャーターの手配と夕食、最終日の昼食の予約をお願いして、長~い一日の終了です。


お疲れさまでした。m(__)m









7時20分羽田発のチャイナエアラインに乗るためには、余裕を見ながら逆算すると・・・ナント家を4時出発!・・・てことは3時起床!?^^;

お陰さまで超早朝なだけあって渋滞もなく小一時間で予約済の羽田国際空港駐車場に到着。
トランクからスーツケースを下し、”さ、行こうか!” と思ったその時事件は起きました。。。


夫が慌てた様子で ”鞄が無い”、と言い出して。 
そうです、マサカマサカマサカ!の大事なパスポートが入った鞄を家に忘れて来た!?と言うではありませんか。

ギャグみたいな話ですが、思えば、出がけにも、充電中の大事なスマホをリビングのど真ん中に置いたまま出発しようとした夫。。←① 
前兆は確かに有りました。。
チェックインはネットで済ませてあったし早めに着いたとはいえ、家まで往復したら絶対に間に合いません。
青ざめる夫、脳裏にはダイニングの椅子の上にちょこんと鎮座している夫のショルダーバッグの画像が浮かび、 ”ウッソでしょーぉーー?! 悪夢だ。。” もー心臓はバクバクです!

が、もう一度落ち着いて確認し直したらちゃんと車の中にあったのです! 寿命が縮まりましたよ、まったくぅ。。。
大事だからと最初に車に乗せて、だけど載せた記憶が全くなかったと。。。^^; ←②

まぁ、何かと気を引き締めなさい、という戒めですね。
(指差し確認しなきゃね、マサカと思う様な当ったり前過ぎる事でも確認し合おうね、場所を移動するときは必ず後ろを振り返ろうね、と。 ・・・以前は、こんなこと絶対なかった人なんですけどね。。 歳をとったってことですかねぇ。。 )

②度あることは・・・といいますから嫌な予感がしていたのですが。。
台北のホテル前でタクシーを降りる時、小銭入れから小銭を全部出して支払う準備をしていた夫。
降りたら、ポケットに入れたはずの小銭入れが無い、と。 ←③

まぁ、小銭は全部出してあったし、コレで③番目の厄を落とせたと思えば・・・。^^;


そういう私も、リサーチした目的地の情報や予定表をプリントした大事な紙を、吳さんのお店に置きっぱなしにして忘れて、焦って探しに戻ったり。。 (レジの中に置いてくれていました。^^;)



なんとも危なっかしいふたりです。。
[PR]
by une-cerise | 2015-11-30 17:50 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://unecerise.exblog.jp/tb/25004131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 台湾旅行(二日目 AM) パスポートケース(コンパクトタイプ) >>